開く

名刺あれこれ

普段、私達は当たり前のように名刺を使っています。しかし名刺には、各地域によって長い歴史とそれぞれ異なる特徴があるのです。すこし雑学的なこの知識。あなたはどれくらいご存知でしたか?

ヨーロッパ編

名刺がヨーロッパで最初に使われたのは、16世紀のドイツといわれています。当時は、人を尋ねていって不在だった場合、自分の名前を書いたカードを残していました。 その後18世紀、名刺はヨーロッパ社交界で大流行します。この頃の名刺は華やかな絵入り。特に銅板画を入れたものなどが代表的です。形式や使い方もきちんとした約束事があり、エチケットは重視されました。 そして19世紀ごろから、現在のものに近い、氏名のみを印刷した名刺が用いられるようになります。 英語で名刺をVisiting Cardといいますが、これは名刺が本来、相手が不在の時や食事に招かれた時、お祝いやお悔やみを述べる時などに使用するものだったからです。現在ではこのような習慣はすたれ、職業用に社名や肩書きを入れたBusiness Cardが主流になっています。

日本編

江戸時代以前から紙片に墨で書いたものが使われていました。現存している文献から判断すると、19世紀初期には、氏名だけ手書きした和紙の名刺が使われていたと考えられています。 印刷した名刺は、幕末開国の頃、外国人と接する役人たちが使ったのが始まりです。当時は、紋所の下に自分の名前を書くデザインのものが主流でした。 このように西洋の影響を受けて名刺を使い始めた日本人ですが、今日では世界の中でもっとも頻繁にビジネスカードを用いる国といわれています。

中国編

中国の名刺の歴史は長く、すでに唐の時代(7~10世紀)の詩にも登場しています。 中国官僚社会では、地位のある人に会う時は、まず取り次ぎに名刺を渡すのが習わしでした。また何か正式な席に欠礼する場合、下僕に名刺を持たせて挨拶に代えることも行われていました。 当時はまだ紙がなかったため、木や竹の札を使ったと思われます。また余談ですが、この頃は賄賂が盛んでしたから、純金の板に名前を彫って贈ったともいわれています。 このような姓名を記した竹木を「刺」といったところから、「名刺」という呼称は始まったのです。

参考文献:平凡社「世界大百科事典」
岩波「広辞苑」
美術出版社「ミニカードテクニック」宮崎健著

名刺ビジネス活用術

改めて名刺のことなんて聞かなくったって大丈夫!! そんなふうに思っている方は多いと思います。 でも実は名刺ってみなさんが思っている以上に、奥が深いものなのですよ!! このページに「開運!名刺パワー」(角山祥道・編 )から名刺達人になるためのポイントを抜粋しました。 ここでもう一度、◆ 名刺の渡し方、受け取り方・整理の仕方・作り方 ◆ を復習してみませんか?新たな発見があるかもしれませんよ。

名刺マナー術

  • 名刺はもちろん、名刺入れに入れておく。挨拶の前に、名刺入れの上に自分の名刺を乗せて持ち、先方を待つ。
  • いざ名刺交換。まず、自分の名刺を名刺入れの上に乗せ、両手で持つ。
  • 自分の氏名を名乗りながら、右手で名刺の左上の隅を持ち、半回転させて、右手だけで相手に差し出す。
  • 自分の氏名を名乗りながら、右手で名刺の左上の隅を持ち、半回転させて、右手だけで相手に差し出す。
  • 軽い会釈の要領で、小腰をかがめて名刺を差し出す。差し出す高さはあくまで、相手のとりやすい高さ(相手の出した手の高さ)。高くあげすぎると、自分を奉っていることになるので注意。
  • 相手と同時に差し出してしまった場合は、相手が自分の名刺を取るのを待つ。相手が取ったら、相手の名刺を両手で持ち、一方後ろに下がりながら名刺を自分のところに引き寄せる。両足を揃えながら名刺を少し持ち上げ、軽く会釈をする。同時でなく単独で相手の名刺を受け取る場合は、右手、左手と片手ずつ出して受け取る。先方に先に出されてしまった場合は、相手を待たせる方が失礼なので「お先に頂戴します」と受け取ってから「遅れましたが~」といって差し出す。
  • 名刺を置く場所は、名刺入れの上(名刺入れ=お盆)。大人数の場合は、席順に並べ、名前を覚えたらさりげなくそっとしまう。

(その他の注意すべきマナー)

[大勢との名刺交換]

大勢同志と名刺交換するときは、まず、お互いの上座から。後は、空いた者同志、臨機応変に交換する。

[名刺を忘れた場合]

「あいにく名刺を切らしておりまして」と謝り、後日(大至急)一筆添えて、名刺を郵送する。

[読み方が難しい名前]

自分の名前が読みにくければ、フリガナを振っておく。相手の名前の読み方がわからない時は必ず尋ねる。

◆ 名刺の整理の仕方 ◆

◎名刺整理のポイント5箇条

  • 一望できないカードボックスやケースでなく、見返しやすい透明ファイルを使用すべし。
  • ファイルは、「ビジネス」と「プライベート」の2つに分けるべし。これ以上分類すると、整理に悩むことになる。
  • もらったその日に、名刺の左肩に日付を書き込むべし。
  • 名刺の裏や余白に、仕事や会話の内容など、ひと言書き込むべし。似顔絵や、感想でも可。
  • 必ず、その日のうちにファイルに差し込むべし。「後でやれば」は塵と積もる。

◆ 名刺の作り方 ◆

たかが「名刺」1枚で、はたして運を招くことができるのか? 「社会で生きる上において、自己表現は重要である。髪型や服装と同じように、名刺は、重要な自己表現の手段のひとつになりつつある。」と心理学者・加藤諦三氏は定義している。 つまり「自分に不釣り合いな名刺」を持つことは、似合わない格好や合ってない仕事をするのと同じ。知らず知らずに「運」を逃してしまうのだ。 「自分に相応しい名刺を持つ」ことにより「名刺に相応しい自分になる」ということなのだ。

◎「超運」名刺の掟 幸運の7箇条 (名刺で格を上げる方法)

  • 自分のアピールポイント、自分の立場を明確にすべし
  • 自分と同等か、少し上の格の名刺を持つべし
  • 自分色を使用すべし
  • 基本は「名前はど真ん中」と認識すべし
  • 自分の特徴的情報を一番上にもってくるべし
  • アピールした分だけ謙虚になれ、と言い聞かすべし
  • 情報を開示するのではなく、絞り込んで載せるべし

改めて名刺の奥深さに圧倒されましたか?
名刺マナーとはまさに、社会人としての第一歩・・・なのだそうですよ。
名刺のことをもっと知りたい!という方は、
「開運!名刺パワー」角山祥道・編 (小学館文庫) 定価:本体695円+税 をお買い求めください。名刺の超達人になれます。