開く

キヤノンファインテックニスカ沿革1980-1999

3社の成長

:旧コピア 
:旧アプテックス
:旧ニスカ

1980 東京都三鷹市に本社移転
1983 茨城県水海道市(現常総市)に茨城工場新設
複写機用ペーパーハンドリング機器の製造開始
1985 山梨県笛吹市に甲府工場新設
茨城県水海道市(現常総市)に本社移転
山梨県中巨摩郡に敷島工場を新設
1987 開発部門を設置、外販活動を開始
タイにTHAI NISCA CO.,LTD.を設立
1990 商号をニスカ株式会社に変更
本社を山梨県南巨摩郡増穂町(現富士川町)に移転
増穂工場を新設
日本証券業協会に株式上場
1991 キヤノンアプテックス(株)に社名変更
1992 福井県福井市に福井工場新設
1993 中国にコピア工業発展(深圳)有限公司設立
甲府、福井の2工場がISO9002認証取得
A2サイズPPC発売
茨城工場がISO9002認証取得
1994 コピア工業香港有限公司設立
株式店頭公開
1995 MIP(Multiple Image Printer)「P-400C」初出荷 茨城本社がBS7750(後にISO14001)認証取得
品質保証の国際規格「ISO9001」の認証を取得 鰍沢工場を増穂工場に移転・統合
1996 立川、甲府、福井の3生産拠点でISO14001認証取得
本社・3工場の品質管理認証をISO9001に統合
THAI NISCA CO.,LTD.を移転(タイ国アユタヤ県)
1997 初めて大判インクジェットプリンター発売
キヤノンアプテックス㈱がニスカ㈱へ資本参加
1998 東証第二部へ上場
1999 環境マネジメントシステムの国際規格「ISO14001」の認証を取得
IJインク、IJカートリッジの製造を開始