開く

ケーブルIDプリンター

ケーブルIDプリンター

ケーブルIDプリンター製品一覧

プリンターを支える技術

ケーブルIDプリンターのおもな特長

さまざまな印刷メディアに対応

さまざまな印刷メディアに対応

チューブ(PVC/熱収縮)、フラットチューブ、ラベルテープ、記名板など、オプションを含む各種アタッチメントやクリーナー、専用カセットを利用することでさまざまな印刷メディアに印刷可能。MK5000/MK3000では 対応チューブ径も拡大し、PVCや熱収縮のチューブではφ1.5mmの細径からφ10mm の太径までサポート。より幅広い用途にお使いいただけます。 また、自動カット機能では全切りのほか、ラベル・チューブがバラバラにならないようにカットできる半切りにも対応し、カットなしの場合はカットラインを挿入することも可能です。MK5000では今まで対応していなかった記名板の全切りにも対応しました。

  • カッターの消耗度合いにより、交換が必要となる場合があります

高生産を実現し、さらに使いやすく進化

作業効率を高める便利な機能

処理プロセスの見直しにより、MK5000では55本/分、MK3000は35本/分の印刷※1を実現し生産性が向上。チューブの自動送り出し、0.1㎜単位での印字文字サイズや位置調整への対応のほか、MK5000 では4桁まで・MK3000では3桁までの連番印刷へ対応するなど、現場での作業をサポートする機能も充実。基本性能の向上だけでなく、MK5000ではPCへの同時接続※2による分散プリントにも対応。プリンターを最大3台まで同時接続することで、大量印刷もパワフルにサポートします。

  • ※1 チューブ連続印刷時:カット長20mm(全角3mm/5文字)、半切りで印刷した場合
  • ※2 専用のドライバーおよびソフトウエアのインストールが必要です

充電池駆動への対応で電源のない場所でも利用可能

充電池駆動への対応で電源のない場所でも利用可能

持ち運びしやすいハンドル設計はそのままに、MK5000/MK3000では 従来のAC電源駆動だけでなく、充電池駆動※1にも対応。充電池使用時に連続印刷1000本を実現し、電源の取れないような場所でも作業が可能です。※2 また、低温下でのチューブ硬化を防ぐオプションの「チューブウォーマー」もプリンター本体給電となり、AC電源なしで使用できるようになりました。

  • ※1 充電池(eneloopスタンダード単3形×6本)で駆動。
  • ※2 チューブ連続印刷時: 20mmピッチ、 チューブウォーマーなしの場合

●eneloopはパナソニックグループの登録商標です。

使いやすいリボンカセット

使いやすいリボンカセット

MK5000/MK3000では150mリボンカセットの採用により、交換の手間を軽減。チューブをセットしたままリボンカセットの交換が可能です。